2010年01月28日

1/20AH講演 「すべての人々に食べ物を-フードバンクの挑戦−」(by片桐)

 1月20日のアッセンブリ・アワーに日本初のフードバンクを設立したセカンドハーベストジャパン理事長のチャールズ・マクジルトン氏を大学に招いた。

 日本の食糧事情は、飽食の時代でありコンビニエンスストアや食品スーパーなどでは、毎日のようにロス(賞味期限切れなど)が出てしまい大量に捨てられているのが現状だ。そうした中でチャールズ氏は1999年に日本で活動を開始し、2002年にNPO法人の認可を得た。

 チャールズ氏は過去にアルコール依存などを乗り越えた経験をもって来日した。河川沿いでテント生活をしている人たちを目撃し、毎日の食べ物に困っている人がいることを知り、そこから彼のテント生活が始まったという。自身がフードバンクを設立するためにはまず現場を知ってからと考え、一年間近く生活をしていたということだ。

 セカンドハーベストジャパンでは、食べ物に困る人達の責任を取るのではなく、道具を貸して自力で生活していくための支援を行っている。 食を必要としている割合は、母子家庭が67%、高齢者が30%、外国人が22%である。この割合を見ると、日本が如何に格差社会であるかがわかる 。

 チャールズ氏はとても愉快な方だが、その体験から語られる言葉から、フードバンクに掛ける情熱が私たち学生に伝わった。このフードバンクはこれかも日本の格差社会における人たちの救いになるだろう。
 
 私たちはこのような食糧事情の中で消費と生活の両立することも国民として考えなくてはならないだろう。
(コミュニティ政策学科3年 片桐)

posted by webmaster at 15:18| アセンブリアワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

1/13政治経済学部アセンブリアワー 「社会を変える」を仕事とする NPOフローレンス駒崎弘樹講演会

2010年1月13日政治経済学部アセンブリアワー
「社会を変える」を仕事とする NPOフローレンス駒崎弘樹講演会

IMG_2694.JPG IMG_2908.JPG


どうも!コミュニティ政策学科の1年生かふかcです!
コミュニティ学科のアセンブリアワーで行われた報告会についての記事です。

年が明けて2010年一発目、久しぶりのコミュニティ政策学科アセンブリアワー講演会はNPOフローレンス代表の駒崎弘樹さんによる講演でした。


NPO「フローレンス」の活動は病児保育という、育児と仕事の両立を支える仕事です。
「病児保育」という聞きなれない単語ですが、私はアドバイザーの先生から説明を聞くまで、「入院している子供のための保育所かな?」なんて思っていました。

実は、この病児保育という仕事は発熱や風邪等、日常的に罹り得る病気になった子供の保育を代行するお仕事だったのです。
一般的な幼稚園や保育所では、発熱があると子供を預ってくださらないため、親が休暇をとって病院に連れて行く必要あります。
子供が熱を出す度に休む事で会社から信用を失い、働きにくくなってしまうことがあるそうです。

これが原因で離職を決断せざるを得なくなる方もいらっしゃいます。
そこで、子供が病気に罹ったときの親代りをするサービスが病児保育です。

子供が熱を出すのは当たり前、仕事が休めないのは当たり前、という考えから、育児と仕事を両立するために、病児保育を始めたそうです。


講演では、一般的に病児保育の採算性の低さから、安定したサービスを提供できる施設が少ないということを知り、フローレンスの経営のお話もお聞きする事が出来ました。

フローレンスでは病児保育を共済型…保険料のような形で運営しているそうです、この方法だと、月7千円程度の料金で病児保育のサービスを提供することが可能だそうです。

全国どこでも安心して安心して子育てをしながら労働ができる環境が整ってほしいなと思いました。



NPO法人フローレンスHP
http://www.florence.or.jp/
とってもカッコ良いホームページでびっくりしました!

私にとって今回の講演は、NPOが実際にどんな活動をしているのか、NPOを運営しているのがどんな方なのかを知る事が出来、コミュニティ政策学科で学ぶ意欲をかき立てられるとてもすばらしい物でした!
本当にありがとうございました!

posted by webmaster at 14:06| アセンブリアワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。