2012年11月02日

【本の紹介】『人間としての尊厳を守るために 国際人道支援と食のセーフティネットの構築』

『人間としての尊厳を守るために 国際人道支援と食のセーフティネットの構築』
著者:ヨハン・セルス, チャールズ・E・マクジルトン
2012年5月発行

人間としての尊厳・・」本画像_Lblog.jpgA5判 76ページ 並製
定価:700円+税
ISBN978-4-915832-98-7 C0036
奥付の初版発行年月:2012年05月




ヨハン・セルス氏は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)駐日代表として難民支援にあたっている。チャールズ・E・マクジルトン氏は、自ら日本の「困窮者」としての生活を送り、「セカンドハーベスト・ジャパン」というNPOを立ち上げ、食べ物を必要としている人々に食料品を提供する活動を展開。本書は人間の尊厳に立ち、人間の尊厳に向かう「当事者」として活動する2人の講演をもとにまとめられている。

[目次]
☆ 国際人権とは何か
――日本における難民認定と出入国管理の現状から考える
           ヨハン・セルス (小松ア利明 訳)
UNHCRの活動
世界の難民状況
人道的支援とは
   保護および緊急支援/帰還・再定住プログラム
日本おける難民の保護
   難民申請の数/日本の難民認定手続き
 ◇ 質疑応答 ◇

☆ すべての人々に食べ物を――フードバンクの挑戦
               チャールズ・E・マクジルトン
私の活動のはじまり
私の責任ですることは何か
日本の貧困の実際
「セカンドハーベスト・ジャパン」の活動
  「セカンドハーベスト」の4つの活動
  「セカンドハーベスト」が企業に与える4つの利益
  「セカンドハーベスト」の活動を継続させるポイント
活動の優先順位について
活動の精神

<問合せ先>聖学院大学出版会(TEL 048-725-9801)

>>本の詳細は こちら

posted by webmaster at 09:42| 今週の一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。