2010年06月30日

2010/06/30 食と農のフォーラム2010「農と食のこだわり」

6月30日(水)、アセンブリーアワーの時間に政治経済学部企画 食と農のフォーラム2010が開催されました。

syoku01.JPG
左から石井氏、黒須氏、染谷氏、司会の平先生

このフォーラムでは「農と食のこだわり」−貴方は何をたべる?−と題して、3人の講演者による講演会と、上尾市の各種旬野菜などを販売する上尾昼市が聖学院大学4号館で行われました。

講演会では石井秀樹氏(見沼・風の学校)、黒須恵子氏(香久野代表)、染谷庄一郎氏(創作漬物河村屋当主)を招き、それぞれどのように食や農業と関わってきたのかを語っていただきました。

聖学院大学の卒業である黒須氏は、農家の主婦グループ香久野を運営しており、自分たちで育てた食材で手作り料理を提供しています。また、染谷氏は漬物作りを通じて地域の食文化に長年関わってきました。
両氏は自分たちで作ったものを自分たちで加工し、販売することでいかに農と食が密接に関わっているかを聴衆に伝えました。

質疑応答では、学生からの「どのような人でも農業はできるか」という質問に石井氏が、農業は“継続は力なり”というように最後まで付き合ってくれる人がむいていると答え、見沼での福祉の取り組みについて語ってくださいました。


12時30分から4号館テラスにて開かれた上尾昼市では、JAあだち野、NPO法人コミュニティー活動支援センター等が連携して、手作りジャムやジェラート、野菜などを売り出し、地域の方々や学生らが買い求めていました。

syoku02.JPG
上尾昼市の様子


syoku03.JPG
地域の野菜の販売


posted by webmaster at 17:13| アセンブリアワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。