2011年03月02日

【模擬講義】市民と公務員、2つの力で支えるコミュニティ(平 修久 先生 )

まちを良くしたい、それが公務員の原動力

公務員は、利潤追求や儲けを考えずにできる職業です。あなたがまちを良くしたい、市民のために働きたいという思いがあれば、非常にやりがいのある仕事であると言えます。しかし実際は、理想と現実の板ばさみで厳しい部分も多くあります。

 例えば、生活保護では「助けたい」という願いと、予算という現実がぶつかってしまいます。多様な市民の声を聞くことと、出来ないことを分かってもらうことのどちらも大切なのです。コミュニティ(地域社会)を充実したものにするためには、いかにより良い人間関係を作るかがポイントになってきます。トップに立つ市長、そして公務員、そこに暮らす市民にとって良い関係性を築くためには、発想力も大切になってきます。

 市政には、政策の工夫が大切です。例えば荒川区では、GAH(Gross Arakawa Happiness)という、幸福を最高の目的とした政策が行われています。市民を幸せにするために実現したい活動が出来ることこそ、公務員の醍醐味なのです。


コミュニティ 画像.gif


まちのことは失敗から学べ

 公務員には、物事の関係やつながりに対する意識が欠かせません。そのため、まずは自分の行動が社会に及ぼす影響を知る必要があります。地域で実際に活動することで、異世代の交流や大人に接する機会を得ます。そこでの「気づき」の体験が、考える力にもつながっていくのです。

 例えば、あなたは正しい掃除の仕方を知っていますか。掃除はしたことがあっても、それが正しいと言い切ることは出来ないのではないでしょうか。

 人間は経験から多くの物事を学んでいきます。知らずに恥をかくこともあるでしょう。しかし、その失敗から学ぶことこそが大切なのです。そうしないと、自分の世界を小さくし、自分の可能性までも狭めてしまうことになります。コミュニティを学ぶということは、未来の可能性を広げることにつながっているのです。


聖学院大学
政治経済学部 コミュニティー政策学科 教授
平 修久 先生


本年より、コミュニティ政策学科では、「警察官・消防官・一般行政職公務員試験対策プログラム」を開始します。1年次の秋学期から、数的推理、一般知識、文章理解の3科目を正規の講義科目として受講できます。また、3年次の春学期からは大学のキャリアサポートセンター主催の公務員試験マスター講座で基礎から応用までブラッシュアップし、実力を万全のものにすることができます。公務員に必要な講義のほか、自治体職員による「公務員特講」で、自治体の役割、仕事、課題や、全国のユニークな政策も学ぶことができます
posted by webmaster at 15:12| 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。