2011年06月08日

ペットボトルのキャップ回収、ポリオワクチンの提供に貢献

6月1日、コミュ二ティ政策学科のアセンブリーにて、ペットボトルのキャップ回収を行った学生たちが学科長 平先生より表彰されました。


1_P1070261.JPG
平先生、表彰された学生たち、清澤先生


表彰されたコミュ二ティ政策学科 経営管理学ゼミの学生たちは、学内でのペットボトルのキャップの分別回収活動を提案し、学内のクリーン運動、資源のリサイクルに尽力しました。

この活動は、環境問題への取り組みという側面だけではなく、リサイクル活動を通しての地域との交流、発展途上国への援助といった様々な役割を果たしています。

キャップ回収には学内の学生・教職員のみならず、近隣の住民の方々がヴェリタス祭(聖学院大学の学園祭)にて持参したキャップとマイ箸のプレゼントを交換するなど、地域からの大きな協力のもと実現しました。

また、集められたキャップは1kg(約400個)あたり15円でリサイクル業者に売却、うち10円がポリオなどのワクチン代としてNPO「世界の子どもにワクチンを日本委員会」へ寄付されました。
学生たちの集めたキャップは103.9kg(約41,560個)にのぼり、52人分のワクチン代を寄付するにいたりました。


posted by webmaster at 16:02| 今週の一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。