2011年07月08日

2011/07/06 食と農のフォーラム2011講演会「銀座ミツバチ物語」【報告】

7月6日(水)、チャペルにて、政治経済学部が主催する講演会 食と農のフォーラム2011「銀座ミツバチ物語〜美味しい景観づくりのススメ〜」が行われ、約200人の政治経済学部の学生や地域の方が講演に耳を傾けました。

コピー 〜 P1080240.JPG
講演者 田中淳夫氏


講演者の田中淳夫氏は、銀座にある株式会社紙パルプ会館の常務取締役を務めるかたわら、NPO法人「銀座ミツバチプロジェクト」副理事長及び、代表世話人として活躍されています。

銀座のビルの屋上でミツバチを飼う「銀座ミツバチプロジェクト」は2006年、ビルの屋上を探している養蜂家がいるということを知ったことから、銀座周辺の有志が集まってスタートしたプロジェクトです。
田中氏は、当初ビルのテナントを一軒一軒回り、ハチに大きな危険性が無いことや、理解を得るための地道な説得から入った経験を語られました。

コピー 〜 P1080241.JPG
養蜂の様子を紹介する田中氏


こうした成果から、一年目の2006年には150kgの採蜜量であったハチミツが、2010年には900kgにまで膨れ上がり、このハチミツを使ったカクテルや、お菓子などが銀座のお店に並びました。
ミツバチプロジェクトではハチミツだけではなく、ハチが蜜を取るための植物を植えるビーガーデンという庭作りも行っており、景観においても大きな貢献をしています。

田中氏は、こうしたミツバチプロジェクトを全国に広げる活動を行い、現在札幌、名古屋、梅田、小倉など多くの都市でハチが飼われています。
こうした全国の各地域とのつながりから、食について考え、地域の物産を食べるお祭り「ファームエイド」や、福島県へ銀座のバーテンダーなどを派遣して被災者とお花見を楽しむイベントなど、様々な企画が行われています。

最後に田中氏は、ミツバチから始まったこのプロジェクトの社会貢献の大きさについて、「地域だけでは解決できないことも、つながることで解決できる」と話し、締めくくりました。
posted by webmaster at 13:37| アセンブリアワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。